スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
じんましん対策
2008 / 03 / 03 ( Mon )
じんましんとは?

じんましん(蕁麻疹)は、突然のかゆみに襲われ、体に膨疹という発疹が出来る皮膚疾患です。

膨疹は一時的に発症する場合が多いのですが、稀に長期に及ぶものもありますので注意が必要です。

じんましん(蕁麻疹)には、急性じんましんと慢性じんましんとがあります。

急性じんましんは数時間から数日で治癒することが多いのですが、慢性じんましんは症状が治まるまでに数ヶ月に及ぶこともあります。

慢性じんましんのように、少し様子を見てもかゆみが一向に治まらず、症状が長期に及び生活に支障が出るくらいであれば直ぐ専門機関(病院など)を受診することをお勧めします。

じんましんの症状

じんましんとは突然のかゆみに襲われ、体に膨疹という発疹が出来る皮膚疾患です。

膨疹は一時的な発症が多いのですが、たまに長期に及ぶものもあります。

大きくは、急性じんましんと慢性じんましんに分類できます。
急性じんましんは数時間から数日で治癒することが多いのですが、慢性じんましんは数ヶ月に及ぶこともあります。

じんましんは、兎に角かゆみを伴いますので、長期に及び生活に支障が出るのであれば直ぐ専門医を受診することをお勧めします。

直径数ミリ程度の小膨疹もあれば、アメーバ状の巨大膨疹もあります。身体の一部に発症する場合もあれば、全身に発症する場合もあります。

じんましんの程度によっては内臓や気管支に発症することで命を落とすこともある位です。じんましんを軽く見る方もいますが、注意が必要です。

じんましんは肌(皮膚)を選びませんが、特に柔らかい箇所が膨れ上がる傾向にあります。じんましんが顔に発症すると、目蓋(まぶた)の上か口のまわりが膨れ上がることが多いです。

じんましんの原因

じんましんの原因は様々ですが、じんましん(蕁麻疹)の症例や特徴から見て、アレルギー性じんましん(蕁麻疹)と非アレルギー性じんましん(蕁麻疹)の2つに分類されます。一般的には、じんましん(蕁麻疹)はアレルギー性のものが多いと信じられていますが、実は非アレルギー性じんましんが多いと言えます。


アレルギー性じんましん(蕁麻疹)は、食品(食べ物)や服用する薬品類(化粧品なども含む)、身に付ける貴金属や衣類・下着の3つが主な原因とされており、一方の非アレルギー性じんましん(蕁麻疹)は、直接刺激(かきむしり)や日差し(日光)、暖房の長時間使用などが主な原因とされています。

じんましん(蕁麻疹)は、アレルギー性の有無に係わらず、これらの外的刺激が加わることで体内の肥満細胞が刺激され、肌(皮膚)表面にじんましん(蕁麻疹)となって現れるのです。

じんましん(蕁麻疹)は、この他にも原因、誘発される原因は存在しますが、現代の医学をもってもじんましんの全容は明らかになっていないのが今の現状のようです。

じんましんの注意点

じんましん(蕁麻疹)が内臓や気管支に発症した場合は、呼吸困難などを起こし、最悪は死に至るということもあるという事実です。ほとんどの場合は様子を見ることで、かゆみも1日か数日で治まるものが殆どですが、軽く考えず、慎重に対応しましょう。

様子を見ても症状が治まりそうにない場合は、迷わず専門医を受診すべきです。じんましん(蕁麻疹)対策の基本は、じんましんの膨疹(発疹)を直接かいたりしない。刺激を与えないということ。

アレルギー性じんましんの疑いがあれば、疑わしい食物(食べ物)、薬品・化粧品の類を近づけない、使用しないことを肝に銘じ、冷静に対応してください。

じんましん治療の基本

じんましん(蕁麻疹)治療の基本は、まずはじんましん(蕁麻疹)にとって疑わしい物質を避けること。初期のじんましん(蕁麻疹)が治まらず悪化してしまった場合は、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を服用することになります。

さらにじんましん(蕁麻疹)の症状が深刻であればステロイド剤を使用することがありますが、これには、専門医の診断は欠かせません。

じんましん(蕁麻疹)の原因は様々ですが、じんましん(蕁麻疹)の特徴から、アレルギー性じんましんと非アレルギー性じんましんの2つに分類されています。これまで、じんましん(蕁麻疹)はアレルギー性のものが多いと信じられていますが、実は、非アレルギー性じんましんのほうが多いのです。

アレルギー性じんましん

アレルギー性じんましんは、食事(食品・食べ物)や服用する薬品、化粧品、身に付ける貴金属や衣類・下着が原因とされ、非アレルギー性じんましんは、直接刺激(かきむしり)や日差し(日光)、暖房の長時間使用などが原因とされています。

このような外的刺激が加わることで体内の肥満細胞を刺激し、じんましん(蕁麻疹)が誘発されるのです。他にも誘発される原因は存在しますが、現代の医学をもってもじんましん(蕁麻疹)の全容が明らかになっていないのが今の現状です。

初期のじんましん(蕁麻疹)が治まらず悪化してしまった場合は、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を服用することになります。さらにじんましん(蕁麻疹)の症状が深刻であればステロイド剤を使用することがありますが、これには、専門医の診断は欠かせません。

薬剤性じんましんとは

薬剤性じんましんは、薬を飲んだとき、注射などによる投薬時に発症する急性じんましんです。

薬剤アレルギーによるじんましんが大部分ですが、薬剤自体の刺激でじんましんになる場合もあります。

薬剤じんましんの原因は、アスピリンやペニシリンなどがあります。投薬後、時間が経ってもじんましんが治癒しない場合もあります。その場合は再度専門医を受診してください。

人によっては、薬剤だけでなく香水などに反応する場合もありますので、原因特定は多岐で困難な場合もあるのです。

機械性じんましんとは

機械性じんましんは、身につける衣類やベルト、下着、下着のゴムと皮膚が機械的にこすれる刺激が原因で発症するじんましん(蕁麻疹)です。

かゆい部分をひっかくことで人工的に作ってしまったじんましん(蕁麻疹)も機械性じんましん(蕁麻疹)と言うこともあります。

機械性じんましんも他のじんましん(蕁麻疹)と基本的に同じ治療になり、抗アレルギー剤の内服を行います。もしも重症に至ってしまった場合は短期的にステロイド剤を内服する場合が出てきますので、医師の診断に従うようにしてください。

心因性じんましんとは

心因性じんましんとは、ストレスによるじんましん(蕁麻疹)です。

実際のところ心因性じんましん(蕁麻疹)の原因は医学的に解明されておらず、主にストレスが原因と見られているじんましん(蕁麻疹)と整理されています。また、心因性じんましん(蕁麻疹)は、慢性的に起こるのが特徴です。

「この食べ物はきっと私には合わないに違いない!」という思い込みからも誘発される場合がありますので、気持ちの持ち方ひとつで心因性じんましん(蕁麻疹)の予防力も違ってくるでしょう。
心因性じんましん(蕁麻疹)の原因究明は困難を極めますが、ストレスと疲労など、心あたりあるのでしたら出来る事から対処し、早期改善を心がけたいところです。
スポンサーサイト
11 : 03 : 58 | 美容と健康 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://chedasuko.blog41.fc2.com/tb.php/24-70c8fea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。